ワインたまごとは



株式会社ハイチック様(本社・山梨県甲斐市)が、 ポリフェノールを含む「ワインたまご」を開発。赤ワインの製造工程で出るぶどうの搾りかすを加えた飼料で、健康に育った鶏からしか 採れない優秀な卵です。




八ヶ岳のふもと、日照時間日本一の北杜市明野町にある明野農場。 標高850mの冷涼な環境の中で鶏は快適に育ちます。近くには観光地として有名なひまわり畑があります。 鶏舎の後ろに見えるのは茅ヶ岳の向かい側にあたる南アルプスです。



ベース飼料として
・主原料は遺伝子組換えしていないトウモロコシを使用
・市川美郷町で収穫の米も配合
・オリゴ糖も配合し、母鶏のお腹の調子を整えています。オリゴ糖配合により卵からのアンモニア臭減。



ベース飼料に、赤ワインの醸造工程で出る県産 のブドウ搾りかすに、南アルプスの天然水を利用してできる豆腐のオカラ、マリーゴールドなどのオリジナル発酵飼料を混ぜています



ワインたまごの卵黄はハリが良く最上級の美味しさに加え、 卵100グラム当たり37ミリグラムもポリフェノールを含む事に成功した奇跡のタマゴです
ポリフェノールの一種「レスベラトロール」は、長寿遺伝子を活性化する働きや、動脈硬化などに効果があるとして注目されている。


自社農場でヒナから飼育し、HACCP(食品を製造する際に安全を確保するための管理手法) に基づいた品質管理のもと自社にて出荷まで管理しているので
安心安全を提供できます。




レスベラトロールはアンチメタボ、血管強化、糖代謝改善、抗ガン作用、肥満や認知症予防、加齢による眼病予防、ED予防などの効果が期待されています。

現在、私たちが恐れている多くの病気を予防する効果があるのではないかといわれています。

また、レスベラトロールには長寿遺伝子のスイッチをオンにし、活性化する働きがあります。

長寿遺伝子とはだれもが持っている細胞で、老化や寿命をつかさどっています。

普段はスイッチオフの状態になっている遺伝子を活性化してスイッチオンにすることで、酸化ストレスが減り老化の進行を遅らせることができるのです。

ワイン以外にも含まれているレスベラトロールですが、ブドウ由来のものに多く含まれていることがわかっています。ぶどうの果皮、果汁、種子などすべてを使い、それらを発酵・熟成させた赤ワインは抗酸化力がとても強く、もっとも効果的にレスベラトロールを摂取できます。

長寿遺伝子を活性化させることで基礎代謝をあげ、脂肪細胞が増えるのを抑えます。また、インスリンの作用を高め糖尿病を防いだり、肝臓脂肪の分解を増加させ脂肪肝を改善し、メタボ予防にも役立ちます。赤ワインを飲むことでアンチメタボ効果が期待できるなんてうれしいですよ